ハイチェアセックスポジション

ハイチェアは楽しいリアエントリーセックスポジションで、座ってリラックスしながら、男性がほとんどの作業を行います。男性と一緒にハイチェアを実行する必要があるのは、バースツール/トールスツールだけです。イラストで試すポジションをもっと見つけるセックス体位ガイド



それを設定するには、お尻が端にぶら下がっている状態でバースツールに座ります。したがって、実際には、お尻ではなく、太ももの下側に座っていることになります。あなたの男は後ろからあなたに入ります。次に、男性から前に傾けたり、後ろに傾けたりして、正しい角度を見つけることができます。あなたの男があなたを貫通するのに十分な高さでない場合は、彼に何かしっかりしたものの上に立ってもらいます。

バースツールの下には何も置かないでください。事故を防ぐために、しっかりと堅固な表面に置いてください。



ハイチェアの位置で少女がすること

ハイチェアの立場にいるときは、何もする必要はありません。あなたはただそこに座って、あなたの男にすべての仕事をさせるだけです。胃が太ももに触れるところまで、かなり前に傾くことができます。または、後ろ向きに傾けて、より親密にするために男性に向けることもできます。



あなたがそれほど前に傾いていない場合、あなたはすることができます 自慰行為 あなたの男があなたをクソしている間。

男がハイチェアポジションで何をするか

あなたとハイチェアを演じるとき、あなたの男は非常に単純な仕事をしています。彼はただ突き出さなければならない。もしあなたが彼に背を向けているなら、彼はあなたの腕をあなたの周りに巻き付け、あなたの胸をマッサージすることさえできます。

私の最も強力なセックスのトリックとヒントはこのサイトにはありません。あなたがそれらにアクセスしてあなたの男に背中を伸ばし、つま先を曲げ、絶叫するオーガズムを与えて、彼があなたに性的に取り付かれ続けるなら、あなたはこれらの秘密のセックステクニックを学ぶことができます 私のプライベートで目立たないニュースレター。また、性生活や人間関係を台無しにする5つの危険な間違いについても学びます。 ここで入手

あなたの男はさまざまな高さであなたを貫通して実験する必要があります。だから彼はあなたの真下から来て、あなたをかなり浅く突き刺そうとするべきです。次に、両方が楽しめるものを見つけるまで、どんどん高くなるようにしてください。

ハイチェアの立場をとるときに考慮すべきこと

ハイチェアの立場は簡単に実行できますが、大多数の人は実際にパートナーと一緒に試したことはありません。私は何とかしていくつかの素晴らしいフィードバックと洞察を得ることができました:

  • ハイチェアは アナルセックスが好きな人には絶好のポジション。素晴らしいアナルセックスのヒントを見つけることができますここに
  • あなたのスツールが背中のサポートを持っていない場合に最適です。背中のサポートがある場合は、片側を片側に向けて、後ろから男性が簡単に入ることができるようにします。
  • 臀部ではなく太ももに座っていることを忘れないでください。そうすることで、お尻がスツールの端にぶら下がって簡単に入ることができます。
  • すべてをきれいに保つことに興味がある場合は、仕事に取り掛かる前にシートにタオルを置いてください。

類似のポジション

  • 天国への階段 –スツールを階段に置き換えます。
  • 怠惰な手押し車 –あなたの男はまだあなたを取ることができます 背後からあなたがしゃがむこのポーズで。
  • シビアン –あなたが彼の背中にいるときにあなたの男に乗って、物事を切り替えます。

もっとあります あなたが座っている位置 私たちの究極のセックスポジションガイド。

ハイチェアのセックスポジションに関するショーンの考え

ハイチェアは、私が本当に楽しんでいるポジションです。それだけでなく、パフォーマンスも非常に簡単です。ぜひお試しください。

これを見る:フェラジョブチュートリアルビデオ

それはあなたの男に全身を与える、振動オーガズムを与えるオーラルセックステクニックの数が含まれています。これらのテクニックを習得して、男性を病みつきにしてあなたに深く専念させ、寝室でもっと楽しい時間を過ごしたい場合は、ビデオをチェックしてください。 こちらからご覧いただけます



| DE | AR | BG | CS | DA | EL | ES | ET | FI | FR | HI | HR | HU | ID | IT | IW | JA | KO | LT | LV | MS | NL | NO | PL | PT | RO | RU | SK | SL | SR | SV | TH | TR | UK | VI |