独身でいる方が実際に良い理由

AskMen / Flickr



トレンドニュース:独身でいることが実際に良いことである理由

Matt Shea 2017年4月28日シェアツイート フリップ 0株

ロングストーリーショート

独身でいることが心配ですか?調査によると、これまで以上に多くの人が独身であり、それは良いことだとのことです。

長い話

20代と30代(場合によっては40代)の大部分を占めるものがあるとすれば、それはパートナーを見つけることです。このウェブサイトを見てください。それは関係のすべきこととすべきでないことを積んでいます。 TheTinderの扱い方。誰かを見つける方法。方法 誰かと別れる 。それは独身であることを負担のように思わせることができます。確かに、独身者の汚名は今では十分に確立されています。



しかし、ベラ・デパウロは、あなたが独身であれば、心配するべきではないと主張しています。確かに、 魅力的な作品 会話について、カリフォルニア大学サンタバーバラ校の社会科学者で、独身について20年分の研究を行っているデパウロは、これまで以上に多くの人が独身であり、それは良いことだと書いています。



全体を読む価値があります。しかし、DePauloの要点は次のとおりです。

  • 広大な郊外にある核家族の伝統的なクラスターは、ここ数十年でうまく機能していません。人々はしばしば孤立していると感じ、1974年以来、アメリカ人は隣人と友達になる可能性がますます低くなっています。
  • 独身者は、既婚者よりも友人や隣人と付き合い、兄弟や両親をサポートし、助言し、連絡を取り合う傾向があります。
  • 独身者はまた、市民団体や公開イベントに参加する可能性が高く、他の人と一緒に暮らす人々よりも頻繁に外食します。これは、たとえ子供がいない場合でも、夫婦がより孤立する傾向がある間です。
  • 研究によると、一人暮らしの人は孤立したり、悲しんだり、孤独を感じたりすることはありません。彼らはうまくやっています、ありがとう。そして、いくつかの点で、シングルは結婚した相手よりもうまくやっており、彼らのより多様な関係のセットは時々より高い満足率につながります。
  • 独身者は、既婚者よりも自信をつけ、個人的な成長を遂げる傾向があります。彼らはまた、より意味のある仕事を評価する傾向があります。
  • おそらく最も魅力的なのは、独身者が今や家族の伝統的な境界を再調整しているという考えです。彼らは友人、元パートナー、メンターを家族の輪に巻き込み、より頑強にします。

そこにはさらに多くの興味深いものがあり、それは米国を背景に提示されています。 より多くの人々が独身でいる 長いため。デパウロ氏によると、その数は前例のないものであり、落ち着くのを待っている個人の場合だけでなく、実際には一生独身でいることを選択しているのです。

会話を所有する

大きな質問をする

生活費が高騰している世界で、人生のために独身でいることは将来財政的に実行可能になるでしょうか?



この事実を落とす

約50.2%t、つまり1億2460万人のアメリカ人の成人が独身です。これは1950年の22%から増加しています。